最近の( ^ω^)ニコッ
マイペースでやってます。
しばらくの間、更新お休みします><
再開は5月下旬くらいに

FC2カウンター
今日も過疎だぜ!
プロフィール

荒川802

Author:荒川802
雑記帳代わりに使ってます
詳しくはこちら

クソスレ
超募集中!

スレをタレこむはこちら

なんかあったら↓
kenhoku802www★yahoo.co.jp
★を@に変えて

最近の記事
最近のコメント
逆アクセス
おせわになってます!
注目の記事
by はてなブックマーク
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ内検索
リスト
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
ヘッドライン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  •  | スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
    私の処女膜も閉鎖されそうです!!

    私の処女膜も閉鎖されそうです!!
    http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1196565407/


    1 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:16:47.98 ID:aZ1GY1Y00
    B「子宮も閉鎖されたぞ!」
    A「くっ…閉じ込められたか!!!」
    女「オーホホホwwwwwwそのままマンカスとなっておしまい!!」


    2 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:17:18.00 ID:3bjlRvNf0

    誰だよこの変態連れてきたの






    3 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:17:51.55 ID:aZ1GY1Y00
    俺たちは絶体絶命のピンチを迎えていた。
    迫りくる肉壁。鼻をつく愛液。
    Bの体力はすでにつきかけていた。

    A「B!!しっかりしろ!!」


    7 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:20:03.49 ID:aZ1GY1Y00
    B「ははっ…もう駄目みたいだ……。」
    A「クッ…!俺は…俺はあきらめないぞ!!!」

    その時Aは自身のイチモツを取り出し、一枚の封筒を僕に見せた。
    B「それは…  !! まさか!!」


    9 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:22:05.30 ID:aZ1GY1Y00
    A「オカズ…さ。それも最高級のな。」
    B「バカか!今ヌいて何をするっていうんだ!」
    ヤケになったA。体力のつきかけたB。
    それを嘲笑うかのように、愛液は二人の体を濡らした。


    11 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:24:04.94 ID:VFBvLAJLO
    今のVIPでは持て剰すほどの変態だ


    13 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:24:56.60 ID:aZ1GY1Y00
    A「ハアアアアア!!!出でよ!!!今夜のおかず!!!」Aは素早く封筒から一枚の写真を抜き取った。

    B「そ、そいつはTAWARA!!!TAWARAじゃないか!!」
    しかしAは不敵な笑みを浮かべながら、写真を前にゆっくりイチモツを擦りだした。


    16 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:27:21.86 ID:FpSutpTS0
    wktkしてる俺ガイル


    17 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:27:25.85 ID:qE4SWFJX0
    AとBは何者なのか、だ


    18 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:27:31.84 ID:aZ1GY1Y00
    規則的にゆれるその旋律は、次第に早く…クレッシェンドを奏でている。

    B「バカな…!TAWARAで勃起するなんて野郎が世界に二人も居ていいのか…!?」
    しかし目の前にある光景はまさしく本物である。

    A「いい!!!いい!!!!亮子ちゃんいいよおおおおおお!!!」


    21 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:29:04.39 ID:8tWwFoPt0
    規則的にゆれるその旋律は、次第に早く…クレッシェンドを奏でている。


    クレッシェンドwwwwwwww


    23 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:30:15.57 ID:aZ1GY1Y00
    そして―――奇跡が訪れた。

    女「え、TAWARAでヌいてんの?キモッ」


    くぱぁ…

    B「やった!!女が油断してマンコを開けたぞ!!」


    24 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:31:04.73 ID:FpSutpTS0
    女「え、TAWARAでヌいてんの?キモッ」

    こいつはマンコに眼がついてるのか


    25 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:31:19.25 ID:GepAlYOaO
    最高の糞スレだwww


    26 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:34:59.00 ID:aZ1GY1Y00
    A「よし!!仕上げだ!!!」
    Aは爆発寸前のイチモツを高々と突き出した。
    果物の帝王ドリアンの香りを放ち、鷲のように鋭い気迫を持ったそれは、
    まるでCNタワーのように堂々たる面持ちであった。


    27 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:38:16.08 ID:aZ1GY1Y00
    Aは振り向きながら、Bに言った。
    A「お前の妄想力は、定評がある。……力を、貸してくれるか?」
    B「…えっ」
    す、とAは手を差し伸べる。

    しかし、Bは戸惑っていた。


    28 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:38:38.42 ID:OIHw+svJ0
    こ れ は ひ ど い


    29 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:39:11.43 ID:xKwJzxRyO
    このスレで笑いがとまらん俺は死んだほうがいいかもわからんね


    31 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:42:59.35 ID:aZ1GY1Y00
    Bは幼い頃からいじめられ続け、結果自分は何も出来ない人間だと…そう思い込むようになっていた。
    いつも一人ぼっちで、空想の友達を作っては遊ぶようになっていた。
    しかし、そんな彼を救ったのがAだった。


    B「…はは……無理だよ…」
    自分の知らない所で妄想力が評価されていたのは嬉しいが、
    力つきかけたBはすでに自信を喪失しきっていた。


    33 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:45:35.74 ID:3URFOM+f0
    これはひどいスレに来てしまった


    34 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:45:55.94 ID:aZ1GY1Y00
    A「何言ってんだ!このまま死んでもいいのか!?」
    B「どうせ…俺なんかが力を貸さなくたって…」

    Aは差し伸べていた手を握り、Bの頬を打った。
    Bは弱弱しくそのまま肉壁に突っ込み、顔は愛液に濡れる。


    35 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:47:17.77 ID:7PiYxtcN0
    やばいスレに迷い込んでしまったようだ


    36 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:48:25.96 ID:aZ1GY1Y00
    A「おい。お前」
    B「っ…何だよ!!」
    A「俺のダチを俺の目の前でバカにするたぁいい度胸じゃねぇか?」
    B「!!!」


    37 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:49:38.09 ID:aZ1GY1Y00
    言いながらAは処女膜のほうへ体を向けた。
    …そして、それ以上は何も言わなかった。


    39 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:53:24.95 ID:aZ1GY1Y00
    B「ヘッ…自分ばっかりカッコつけやがって!貸してやるよ!お前に力をよ!!!」
    A「そうこねぇとな!!」
    B「おいおい声が震えてんぞwwww緊張してんのかよwww」
    A「はん、武者震いだっつーの!!お、お互い童貞のまま死ぬわけにもいかねーしな!!」
    B「俺非童貞だけど」
    A「え、嘘。マジ?」

    この時Aの肩が僅かに揺れていた事は誰も知らない。


    40 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 12:57:04.80 ID:aZ1GY1Y00
    B「いけええええええええA!!!!!」
    A「うおおおおおおおおおおおおおお!!!」
    Aは牙のように鋭いイチモツを、猪の如く突進しながら膜に突き刺した。

    女「いぎいいいいいいいい!!!痛いいいいいいいいいい…あれ?何これ…気持ち…いい…?」


    42 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:01:16.99 ID:aZ1GY1Y00
    A「やったぜB!!!うまく行ってる!!!」
    B「お安い御用だぜ!!!」
    女「なっなにこれ…あん…どっどうっ・・・・いう・・・・ぅん・・・ふあぁ・・・・///」
    B「俺の力…『レインボーEROブレイン』!
    処女なのに気持ちいい、童貞なのに潮を吹かせるといった能力を持つ!!」
    A「ふんっふんっふんっふんっ」
    女「あんっあんっあっぁん!!!///」


    43 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:04:24.99 ID:aZ1GY1Y00
    A「よし!!ラストスパートだ!!!!」
    Aはさらに腰の動きを早める。
    B「…!早すぎて残像が…!!!」
    あまりにスピードが速すぎて、傍目にはゆっくり動かしているように見えた。
    女「あぅううう!!らめぇイッっちゃうううううううううう!!!!」
    B「! くるぞ!!」
    愛液が止め処なくあふれ出してくる。
    そして俺たちはそれに流されるように外へ出た―――。


    45 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:06:21.65 ID:aZ1GY1Y00
    A「流石だな。処女喪失させたのに一滴の血もつかない。」
    B「俺は出血モノは嫌いだからな。血怖いし」
    A「ははっいいじゃないか、人それぞれ」


    48 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:08:41.36 ID:aZ1GY1Y00
    A「…所で、お前の妄想力」
    B「ん?」
    A「それを使って、今度はお前の処女も閉鎖させないか?」
    B「・・・・喜んで。」
    つんとした匂いの広がるバスルームで、二人の男の声だけが響いた。

                          【私の処女膜も閉鎖されそうです!!】 fin.



    44 :名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:04:53.18 ID:ULldqQkxO
    こんな晴れた日曜日の昼間からなにをやってるんだ












  •  | 2ちゃん;ネタ | 【2007-12-02(Sun) 13:55:59】 | Trackback:(0) | Comments:(16)
    コメント

    くwwwwwwだwwwwwwらwwwwwwねwwwwwwえwwwwww
    2007-12-02 日 14:26:40 | URL | 名無し!! #- [ 編集]

    天才すぎる馬鹿だな
    2007-12-02 日 14:34:16 | URL | 名無し!! #- [ 編集]

    す、素晴らしい・・・・人間の本能をつれずれなるまま書き貫いている・・・おぉあなたが神か・・・・・・・
    2007-12-02 日 14:35:43 | URL | VIPPERな名無しさん #- [ 編集]

    これはひどいwwwwwwwwwwwww
    2007-12-02 日 14:50:20 | URL | 名無しいたけ #- [ 編集]

    今のVIPでは持て余してしまうほどの才能だ
    2007-12-02 日 14:58:03 | URL | VIPPERな名無しさん #- [ 編集]

    マジで今何が起こったのか分からなかったぜwww
    2007-12-02 日 15:35:02 | URL | VIPPERな名無しさん #- [ 編集]

    これ国語に教科書に載ってる話じゃん
    2007-12-02 日 17:18:09 | URL | 名無し!! #- [ 編集]

    中途半端な変態じゃ書けないなwwwwwwww
    2007-12-02 日 17:35:38 | URL | VIPPERな名無しさん #- [ 編集]

    米7
    どんな教科書だ
    2007-12-02 日 17:47:58 | URL | 名無しいたけ #- [ 編集]

    別の世界に迷い込んでしまったようだ・・・
    2007-12-02 日 19:40:15 | URL | VIPPERな名無しさん #- [ 編集]

    イミフだ…
    2007-12-03 月 10:06:21 | URL | VIPPERな名無しさん #- [ 編集]

    ↑に同感
    2007-12-03 月 15:19:03 | URL | 2hd #- [ 編集]

    すごすぎるな・・・圧倒的な存在感だ・・・
    2007-12-03 月 22:03:51 | URL | 名無しいたけ #- [ 編集]

    これが噂の恋空って奴か・・・
    2007-12-03 月 23:20:47 | URL | 名無しいたけ #- [ 編集]

    お前んとこ国語総合だろ?
    国語表現IIの教科書に載ってんだよ
    2007-12-03 月 23:42:04 | URL | VIPPERな名無しさん #yWLg4BnU [ 編集]

    作者は総理大臣になるべき
    2007-12-08 土 23:53:59 | URL | VIPPERな名無しさん #- [ 編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。